good

2021年の手帳は『Stitch leaf』さんのバインダー手帳に決定!

0
0
引用元:筆者撮影

毎年12月になると、「来年の手帳はどうしよう」と悩むのが、私にとってささやかな楽しみの1つになっているのですが、今年は仕事や家事、育児に関するあらゆる情報をまとめたいという思いから、市販されているスケジュール帳ではなく、バインダーを選択しました!

今年はあらゆる要素を詰めた手帳を!辿り着いたのが『Stitch leaf』

出典:筆者撮影

 

毎年12月に入ると、来年使う手帳をどうしようと考えるのが、私にとって細やかな楽しみです。しかし、今回はなかなか決まらず、結局そのまま2021年に…。

 

スケジュールだけを管理するのであれば、通常のスケジュール手帳を使えば良いのですが、私はスケジュールに加えて、家事やフリーランスの仕事、日々の日記など、あらゆる要素を1冊で管理したいと考えていました。

 

すごく欲張りですが、そんな手帳を探していたのです。しかし、もちろんそんな都合の良い手帳はなかなか見つからず…。

 

1月の終わりにInstagramを見ていた時、『Stitch leaf』さんという浅草に店舗を構えるお店があることを知りました。なんと手作りのオリジナルバインダーを作っているというのです!

 

公式Instagramを見てみると、アイデア次第でさまざまな活用法がある上、とにかくバインダーがかわいい!さまざまな投稿を見て、私もStitch leafさんのバインダーを手帳として使うことに決めました。

自分好みの配色にカスタマイズできるありそうでなかったサービス

出典:筆者撮影

 

Stitch leafさんでバインダーを作ってもらう場合、実際に店舗へと足を運ぶ方法とメールでやりとりする方法があります。今はコロナウイルスの感染も心配だったので、私は後者を選びました。

 

ホームページにある注文書をダウンロードし、印刷した上で、自分好みのカラーやバインダーのタイプなどを選んでいきます。私は淡い紫色を入れたかったので、バインダーのおもて面は淡いクリームタイプのホワイトを選択し、裏面に淡い紫色を選択しました!また、背表紙には可愛さを入れるために、チョコレートブラウンカラーをチョイス♪

 

驚くべきことに、背表紙と表紙、裏表紙をつなぐ糸の色まで自分で選択できるのです!せっかくだから…と私は2色の糸を選び、出来上がったバインダーが上のバインダーです。

 

表紙には自分の好きな写真でも入れようかな、と考えていたため、表紙は四角い窓が開いているタイプにしていただきました!愛犬や子供の写真を入れようかなぁ、と考えています。

通報

このコンタクトフォームはログインしたユーザーにのみ利用可能です。

コメント ( 0 )

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事

いいねした人

ログインしてください