good

【占い】おまけのオラクルカード

0
2いいねした人
引用元:Pixabay

社会人になってから、民俗学に興味を持ち、二年間京都の大学へ編入したのですが、そこで出会ったのが「日本の神様カード」というオラクルカードです。

筆者撮影

元々、占いというと、曖昧な表現で適当に引っかけて言っているイメージを持っていました。

しかし、このカードはマニアにはたまらない「四十八柱」の神々が登場!一気に占いが身近に感じました。

「四十八柱」と言われても、何のことだか謎だと思いますが、ひらたく言うと、日本に昔からいる神様です。

48枚の神様のカードを一枚引いて占う……。おみくじに似ていると思いませんか?

占いは怪しいけど、おみくじなら抵抗がないという方も、多くいらっしゃるので、鑑定が初めての方にお勧めしているカードです。

 

私は占いを本職にしているわけではなく、カフェなどのイベント時に、ダウジングやタロットの鑑定をしています。その際に、おまけでオラクルカードの一枚引きもお付けしています。

 

そして自分自身でも毎月、メッセージカードを引き、これを月の指針としているのですが、今月はこのカードでした。

筆者撮影

『豊宇気毘売神』(とようけびめのかみ)

 

この神様は食べ物や食事を司る女神様です。そのキーワードから、女性らしさや、豊かな食事を連想すると思ますが、もう少し深いところまで読み込んでいくと、「身体に入るすべてのもの」という解釈もできると思います。

それは食事だけではなく、目に映るもの・聞こえる音・匂い、それらすべてに心を傾ける。と、いうメッセージにも受け取れます。

日常生活の中で、これを実践するのは難しいことですが、自分にとってマイナスになるものは、できるだけ取り入れないように、過ごしていきたいですね。

 

 

 

通報

このコンタクトフォームはログインしたユーザーにのみ利用可能です。

コメント ( 0 )

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事

いいねした人

ログインしてください