good

アケメネス朝の都ペルセポリス

yoonappe

0
0

イランのシーラーズから車で1時間ほど走ったところに、

1つの巨大な遺跡が見えてくる。

 

紀元前550年から紀元前330年まで隆盛を誇ったアケメネス朝ペルシアの首都ペルセポリスです。

 

アケメネス朝第3代大王ダレイオス1世の時代に造営が始まり、

60年かけて完成しました。

建築物は全て四角形で、直角をモチーフとする
ペルシャ建築の特徴が現れています。
アケメネス朝はアレクサンドロス大王によって滅ぼされ、
その際にペルセポリスも焼き討ちにあいました。
それから長らくして17世紀に入ってから、
ようやくヨーロッパでその存在が知られるようになりました。
有名なクセルクセス門には昔ここを訪れた探検家たちの落書きがあり、

「リアルインディージョーンズだ!」と気分が盛り上がりました。

1840と年号が書かれています。

通報

このコンタクトフォームはログインしたユーザーにのみ利用可能です。

コメント ( 0 )

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事

いいねした人

ログインしてください